2009年01月05日

寒いパリの年明け

冬のパリにしては珍しく、すっきりと晴れた日曜日。

冬休み最後の日でもあることだし、
寒いけど、せっかくなので散歩などしてみました。


建物の間から、エッフェル塔もくっきり見えます。
天気が悪かったりすると影も形も見えなくなるのが不思議です。

s-CIMG7996.jpg


15区、CAMBRONNE(カンブロンヌ)駅前の小さな公園には
元旦に降った雪がまだ残っています。

s-CIMG8000.jpg


この公園の中にいるライオンも、寒そうです。
それにしても表情がリアルです。ライオンも、下にいるおじさんも。

s-CIMG8000.jpg


とあるパン屋で、こんなポスターを発見。

s-CIMG8107.jpg

毎週日曜だけに刊行される新聞の広告なんですが、
数日前にパリで大きな反イスラエルのデモがあったというニュースを見て、
参加しなかったのをものすごく後悔しました。

デモ大国のフランス、やたらとデモを行うので
どうでもいい、いーかげんにしろー!とつねづね思っていたけど、
これには参加しておきたいと思ったんですが・・・残念、気づいたのが遅すぎた。

イスラエルに関しては欧米の政府は手も足も出せないことだし、
残る手段は市民運動しかないと思うんですが。
まったくもって腹立たしいことだけど。



で、歩き続けていると、やっぱりありました。
ノエル(クリスマス)の置きみやげ。

路上に打ち捨てられた、もみの木!!!

s-CIMG8109.jpg


フランスでは、本物のもみの木を飾る家が多いのですが、
毎年、1月の2・3週目あたりになると『すてもみの木』が多発します。

「これはエコじゃないよー!」と、パリ市では2007年から
役目の終わったもみの木をリサイクルしましょうと呼びかけていて
公園などで回収しようとているんですが、
やっぱりみなしごツリーは後を絶たず・・・

ま、これもパリの正月の風物詩、ということになりますか。

フランスですねー。


posted by かりん at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
BBS7.COM
MENURNDNEXT
フランス雑貨・フレンチアンティークSHOPシェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。