2008年04月02日

フランス農業祭:ロバ

ロバ。

近くで見ると、割とかわいいの。
大きすぎないし、昔から人間と一緒に生きてきました。

重たい荷物を運ばされたり、何かと酷使されたりしてかわいそうな動物でもあるわけですが、

フランス人、ひどいんです。
フランス語で「ロバみたい」という表現があります。

意味はずばり、「馬鹿」「間抜け」「愚鈍」

ひどい!ひどいよう!!


CIMG1926.jpg

ね、こんなにおしゃれな飾りつけて、ロバだって捨てたもんじゃない。

ぴんと立った耳が印象的です。
鼻の上のハートの飾りがかわいい。

美人でしょ?きれいでしょ?

・・・と思いきや、この子のお名前は MULE DES PYRENEES と書いてある。
「ピレネーのラバ」?

ラバ?なぬ?

ウィキペディア曰く「雄のロバと雌の馬の交雑種の家畜」
「体が丈夫で粗食に強く、役力もあるので、経済的」

要するに、パパがロバで、ママが馬。

なるほどー。

CIMG1932.jpg

真っ黒い毛の色つやもいいし、大きくて立派だし。

パパとママのいいところをもらった感じ。
いや、むしろ見た目はママ似か。
鼻だけは間違いなく、ロバ。





CIMG1940.jpg

普通のロバ。
よく見かけるロバはこんな感じです。
いつもうつむき加減。シャイなのか?

茶色っぽい色で、大きさはポニーくらい。



CIMG1936.jpg

黒いロバ。

申し訳ないが、お世辞にもあまり賢そうでは・・・
とは言っても、こんな顔なんだからしょうがない。

かわいいよ、お前♪


CIMG1946.jpg

多分今回の農業祭出展者にとっては大目玉。

生後1週間の赤ちゃんです。

ワラの上ででろんと寝てました。まだ立てないのかなあ?


CIMG1945.jpg

ママと一緒。

かわいかったなあー。
小さいっていうだけでこんなにかわいいなんて。

ずるい。


posted by かりん at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際農業見本市

2008年03月27日

フランス農業祭:テキサス鳩

いろんな色とか体型とかあるみたいなんですが、
全部 TEXAN という名前になってました。

フランス語の辞書で TEXAN を引いてみると、
「テキサスの」と書いてある。

テキサス?アメリカの?
牧場とか西部劇の、あのテキサスからやってきたんでしょうか。
牧場で鳩も育ててるんでしょうか?


とりあえず、写真をどうぞ。

CIMG1747.jpg

ね?TEXANって書いてある。

白地に斑点があって、目がくりっとしてて、愛嬌ある顔立ちです、この子。
顔はカモメに似てる気が、しないでもない・・
気のせいか。


CIMG1746.jpg

この子は真っ白。
白いっていうだけで、上品な感じがします。
勝手な偏見なんだろうけど・・・


CIMG1752.jpg

ごく普通っぽい、グレーの鳩。
座ってるから何ともいえないけど・・・
レース鳩より鼻こぶ小さめ?
目はかわいいです。

パリにいる、ドバト(と言っていいのよね?)とは比べ物になりません。きれい。


CIMG1754.jpg

足の付け根、なんでこんなにふっくらしてるのかわかりません。
羽を広げた後って、こんなになるんだっけか?

何やらちょっとアンバランスな感じです。

それにしても、丸々としておいしそうです。
あ、もしかしたら食用なのかも!!


CIMG1757.jpg

上の鳩の色違い?
黒っぽいけど、名前は相変わらず TEXAN 。
びっくりしてるんだか何なんだか、目がまん丸になっちゃってます。

食べられる運命なのかなぁ・・・?
フランス人、クジラ以外は何でも食べるからなあ・・・
タグ:鳩 TEXAN
posted by かりん at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際農業見本市

2008年03月23日

フランス農業祭:変わり鳩

日本ではちょっと見たことない鳩たち。


CIMG1799.jpg

私が勝手につけたニックネーム:女王バト。

本名は、Copcin +色 コプサンというらしい。
コプサンの後に白とか黄色とかつけてある。

首の周りの羽が、昔の女王様みたい。
どの角度から見ても、羽が頭の部分を取り囲んでて
一体どうやってまわりを見ているのか、不思議なところです。

ちょっと触ってみたかったけど、やめときました。

会場には3色の女王鳩がいました。
(オスなんだろうけど。でも女王ということにしておきたい)



CIMG1835.jpg


黄色って書いてあるけど色はブラウン(ベージュ)。

CIMG1803.jpg


グレー×白

CIMG1804.jpg




もうひとつ、変わった鳩。

CIMG1808.jpg

Frigé bleu (フリジェ ブルー)というらしい。

フリジェはフランス語で「カールした」という意味。
グレーの鳩のことはブルーとしてあるようですね、どうやら。
色は普通の鳩と同じグレーでした。

この子たちは、翼の表面の羽がカールしておる。
飛べるのか?
飛べたとしても、風の抵抗が大きくて疲れそうです。

あんまり愛嬌のある顔じゃないけど、メスなんだそう。


CIMG1810.jpg

もう一羽、こちらは Frigé jaune (フリジェ ジョーヌ)。
ジョーヌは「黄色」なんだけど、どう見ても茶色なのです。

ブラウンのことは黄色なのか?

ちなみにこっちの子のほうがかわいらしい顔してるけど
オスなんだそうです。

人間と同じに考えちゃだめなんでしょうね、きっと。。。
posted by かりん at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際農業見本市
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
BBS7.COM
MENURNDNEXT
フランス雑貨・フレンチアンティークSHOPシェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。