2009年06月23日

パリで寿司を食す

3年半ぶりに、パリで寿司を食べました。
もちろんオペラ地区のおすしやさん。

珍しく夫が寿司食べたいというので、たまにはいいかと行ってみたら。。


メニューを見ると、夜はアラカルトか「夜のコース」一つだけ。
コースと言ってもメインの他はみそ汁とデザート。以上。。

コースはにぎり、ちらしと刺身の中から一つ選ぶ。

夫はにぎり、なら私は別のものということでちらしをチョイス。

ビール嫌い・焼酎好きの夫に付き合って
「いいちこ」ショット(この呼び方もすごい)をオーダー。


焼酎と共に出てきた、すし屋風の付き出しに日本を感じる。
が、焼酎の入ったグラスを見てびっくり。

ほんとにショット(しかも見事にシングル)じゃないのーーー
下町のナポレオンが、ショットで。。。
しかも一杯9ユーロ。下町のナポレオンが。。。


しばらくして、寿司登場。
一目見た夫がぽつりと一言。
「こんだけ??」

私のちらしをちらりと見て、
「そっちの方がご飯多い・・・」

見た目多そうでも、握ってあるのと米の量は変わらない(はず)のだよ。多分。

食べてみるとやっぱり量は少なく、あっさり完食。
味は普通。ノーコメント。

デザートは、何のことないフルーツサラダ。


一品料理一つ頼んで「夜のコース」二人前、焼酎2杯で70ユーロ。
ここ最近のレート(145円)だと、1万円ちょっと。
まぁ、パリだからこんなものなのかもしれないけど。。。


そして店を出たとたん、私の口からこぼれた言葉。

「お腹すいたーーー」


やっぱりパリで寿司を食べるのはやめようと、
新たに決心した次第です。


家に帰って芋焼酎をたっぷり飲みなおしたことは、言うまでもない。


タグ:寿司
posted by かりん at 16:12 | Comment(8) | TrackBack(0) | パリのレストラン

2009年06月19日

マレのレストラン、Le Loir dans la Théière と醤油

レモンタルト@Le Loir dans la Théièreマレ地区
以前、二人がかりで食べ切れなかった巨大レモンタルト


友人とマレ地区のレストラン、Le Loir dans la Théière へ行って来ました。

このレストランはどうやら有名なところだそうで、
こんなサイトでも紹介されてたりしてます。
http://www.hayakoo.com/le_loir_dans_la_theiere/


どうやらここはキッシュがおいしいらしい。
が、「キッシュはおやつ」と認識している私が今回注文したのは、
牛肉のタルタル。

タルタルとは、生の牛ひき肉を、シブレ(あさつきのもっと細い小ネギ)とタマネギの刻んだのと混ぜたもの。

ユッケがフランス風になったものというとわかりやすいかも。
でもソースも生卵もナシ。

店によってはピクルスが混ぜてあったりしますが、ない方が私は好き。


一口食べてみて・・・おいしいのはおいしいけど、何かが足りない。
しばらく考えて、判明。

醤油じゃ!
醤油があったら完璧なのに。。。

でも、フレンチレストランだし、絶対ないよね、あるはずがない。
あったらいいのになぁ、完璧なのになぁ・・・

とブツブツつぶやき続ける私(小心者)を見かねた友人が
店の人に聞いてくれました。

そしたら何と、出てきました!!!
KIKKOMAN の Sauce de Soja 1Lボトル!!!

こんなところにまで進出していたのか、KIKKOMAN!
素晴らしい〜!!!


おかげさまでおいしく完食、
デザートはもちろん、名物自家製タルト。

前回来たときは二人がかりでレモンタルト(上の写真)に挑戦したけど
あまりの甘さに撃沈された苦い思い出(?)があり、

今回は枇杷と勘違いしたメロンタルトを注文。
(だって、丸くくり抜いた感じが枇杷そっくりだった)

旬のメロンと甘さ控えめクリームで、おいしい♪
今回はきれいに平らげました。


気になるお値段は、メインとデザート+コーヒーでひとり20ユーロくらい。

週末は非常に混むので、行けるなら平日がよいでしょう。
posted by かりん at 17:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | パリのレストラン

2009年02月27日

5ユーロで満腹、パリのB級?安うま中華レストラン

もとユダヤ教徒エリア、今は中国人にその座を譲って久しいといわれる
マレ地区の中でも、3区アール・ゼ・メティエ(Arts-et-Métiers)界隈には
中華系ショップがたくさんあります。

アクセサリー・小物をはじめ洋服などから、もちろん食べ物にいたるまで。

このエリアには安くておいしい中華レストランがたくさんあるのです。


で、友人とランチに行って来ました。
彼女達曰く、5ユーロでお腹一杯になれるとか。

レストランの名前は、萬里香(マリカと勝手に呼んでます)

住所と店の名前を忘れてもいいように撮った写真が、こんな所で役に立ちます^^

パリ・マレ地区の安くておいしい中華レストラン


中に入るとすかさず「ニーハオ!」と元気なご挨拶。

中国語はわからないので、とりあえずフランス語で
「私達日本人、中国語わかりません」
と、釘をさすもおかまいなしに中国語で話しかけられ、ちょっと対応に困りつつ、
お店の人はとても感じが良い。


3人で行ったので、とりあえず一人1個ずつ肉まんを。
なんと1個70セント!!

パリ・マレ地区の安くておいしい中華レストラン

味は、普通の肉まんで、おいしかった。

普通というのは大しておいしくないというわけでは全然なく、
むしろ本場中国っぽい肉まんの八角や何かの余計な香り付けがしてなくて
日本人の口に合うお味です♪という意味ですね。


で、メニューに写真付きでのってたワンタンメンをチョイス。

パリ・マレ地区の安くておいしい中華レストラン

味付けはちょっと薄め、よくある化学調味料風ではなく体に優しい自然な味。
特に海苔の風味がたまりませんでした^^
ボリュームも満点♪


しっかり食べてお腹いっぱい(友人は残しちゃってました)、
これでジャスト5ユーロなり。

信じられない良心価格です。


懐かしい東洋の味、しかもフランス風にアレンジされてないアジアめしが恋しくなったら、
アール・ゼ・メティエ(Arts-et-Métiers)へGo!

念のため住所と電話番号書いてみます。

39 rue du Maire 75003 PARIS
TEL:01 48 87 88 07

回転の早い店なので予約する必要もないと思うけど、
もし開いてなかったり入れなかったりしても、この近辺には他にも安うま中華レストランはたくさんあるので、ご心配は無用♪


ボナペティ!!


検索してエコ活動♪ピーターラビット検索ツールバー


posted by かりん at 22:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | パリのレストラン
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
BBS7.COM
MENURNDNEXT
フランス雑貨・フレンチアンティークSHOPシェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。